経済産業省
平成30年度
「衛星データ統合活用実証事業」

衛星データと地上データの統合活用による将来的なビジネスを見据えたアプリケーションの社会実装に資する開発・実証を行う事業者を公募します。

本事業の目的

現在、宇宙産業は転換期を迎えており、今年から実運用される準天頂衛星システムや小型衛星コンステレーション等により、宇宙由来の様々なデータの質・量が抜本的に向上しています。こうした中、これら宇宙由来のデータと他の様々な地上データが組み合わさることで、様々な産業分野における課題に対し、ソリューションを提供していくことが期待されています。こうした取り組みによる宇宙利用産業の拡大の重要性は「未来投資戦略2017」や「宇宙産業ビジョン2030」でも謳われており、様々な課題にソリューションや産業競争力強化につながるアプリケーションビジネスの創出が非常に重要です。

諸海外でもすでに先行して様々なアプリケーションビジネスが進められており、これを加速するため、例えば欧州では、政府衛星ガリレオ及びセンチネルのサービスを活用したユースケース開発支援が行われているなど、世界全体で宇宙利用産業の強化に向けた競争が進められています。

特に近年では、衛星データやそれ以外のデータを一つのデータプラットフォーム(以下「PF」。)上で様々な解析ツール等を用いながらアプリケーションを創出する動きが進んでおり、我が国としてもこうしたPF活用型アプリケーション創出の観点が重要です。

こうした状況を踏まえ、我が国の宇宙利用産業の拡大に向けて、民間企業等によるアプリケーションビジネス創出を加速する観点から、衛星データとその他の地上データを組み合わせて活用することで、将来的なビジネスを見据えたアプリケーションの社会実装に資する開発・実証を進めることを目的としています。

公募期間

2018年5月16日(水)~ 6月4日(月)17時(日本時間)
※応募は締め切りました。

FAQ

Q. 委託事務処理マニュアルはありますか?
A. 経済産業省大臣官房会計課作成の「委託事業事務処理マニュアル」(平成30年4月版)をご覧ください。
http://www.meti.go.jp/information_2/publicoffer/jimusyori_manual.html
5月22日開催説明会_質問回答表(PDF:134KB)

お問い合わせ

お問い合わせは、ご所属・お名前・問い合わせ事項を明記の上事務局までメールでのご連絡をお願いします。

一般財団法人日本宇宙フォーラム
経済産業省 平成30年度「衛星データ統合活用実証事業」事務局
担当:榎、中浦
sat-data(at)jsforum.or.jp(メールを送信する際に(at)を@に置き換えてください。)